著者アーカイブ ピカキチ

投稿者:ピカキチ

リジュン(RiJUN)配合のリデンシルはヘアサイクル領域にアプローチする成分!

リジュン(RiJUN)公式ショップに書かれていることについて考えてみましょう、という企画です。今回はリジュン(RiJUN)配合のリデンシルはヘアサイクル領域にアプローチする成分! ”の考察です。*登場人物 P: 育毛お助け人ピカキチ、A: 薄毛・脱毛に気になりだしたお悩みを持つAさん

リジュン配合リデンシル

育毛剤リジュン公式ショップ:リデンシル
  1. リデンシルはスイスのインデュケム社が開発した。
  2. セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分
  3. 次世代のヘアケア成分として今話題の成分
  4. サイクル復活のカギを握る領域にアプローチし力を発揮させる。
  5. 世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞した。
  6. 世界的に注目を集める次世代ヘアケア成分
ピカキチ見解:

  1. 育毛剤の成分は日進月歩、効果が出る安心安全の育毛剤を使おう。
  2. リジュンはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどの自然由来成分配合で好感持てる。
  3. 発毛促進、育毛、養毛はヘアサイクルを復活させるのが肝要。
  4. リジュンがリデンシル配合でサイクル復活領域へアプローチするなら「買い」だ。
  5. 世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞したのも当然と言える。
  6. 化粧品原料展示会でも金賞を受賞したのは「プロジェリン」老化防止の美容成分

 

育毛剤リジュン公式・公式ショップ :リデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分

A 「ピカキチさん、リデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分なんだね。」

P 「育毛剤は日進月歩で効果の出る成分が開発されているよ。」

A 「やはり、自然素材がいいね!」

P 「リジュンのような合成香料なし、合成着色料なし、鉱物油なし、パラベンなし、紫外線吸収材なし、シリコンなし、ホルモンなし、ラノリンなしの育毛剤を選ぶのが、肌が弱かったり、産後の女性には大切だよね。」

 

育毛剤リジュン公式・公式ショップ :発毛促進、育毛、養毛にはヘアサイクルを復活させるのが非常に大切

A 「ピカキチさん、発毛促進、育毛、養毛にはヘアサイクルを復活させないとダメなんだね。」

P 「髪の毛は、ストレートに一発育毛じゃなく、悪化したヘアサイクルを復活させることさ。」

A 「脱毛薄毛ハゲを治すには、ヘアサイクルを元通りにすることが必要だもんね。」

P 「リジュンが、リデンシル配合でヘアサイクル復活領域にアプローチするなら買いだね。」

A 「リデンシルが世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞したそうだねど、金賞を受賞したのは何なの?」

P 「プロジェリンという老化防止の美容成分さ。」

A 「プロジェリンは老化防止の美容成分ね。メモッとこう。」

 

投稿者:ピカキチ

リジュン(RiJUN)配合のフルボ酸は栄養を届ける浸透力効果が期待できる!

リジュン(RiJUN)には育毛実感できる秘密があります。

それは、リジュン(RiJUN)には育毛に重要な要素である浸透力をうながす成分が配合されているからです。

いくら育毛剤に有効成分が配合されていても、頭皮奥深く浸透しなければ意味がないです。

頭皮奥深く浸透させる力を秘めているのがフルボ酸です。

フルボ酸は九州産業大学の佐野先生が腐植土の研究プロセスで偶然見つけました。

リジュンのフルボ酸

 

フルボ酸(フルボさん、フルビック酸、fulvic acid)とは、植物などが微生物により分解される最終生成物である腐植物質のうち、酸によって沈殿しない無定形高分子有機酸。土壌や天然水中に広く分布している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フルボ酸とは、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。https://furubo.net/fulvic/

フルボ酸には植物にミネラルを補給する役目・・・

ここに注目してください。

フルボ酸には植物に・・・

植物 —-> 生物 —-> 毛根

頭皮奥深く 毛根に

と置きかえてください。

ミネラルは毛根の栄養です。

そうすれば、

フルボ酸には頭皮奥深く毛根に栄養を補給する役目・・・

ということがわかります。

フルボ酸は植物の腐食土の中にわずかに含まれています。

腐植土自体10年から100年かかります。

リジュン(RiJUN)にはスカルプケアとして注目されているフルボ酸が配合されています。

 

 

投稿者:ピカキチ

07 育毛剤リジュンの副作用ってあるの?知っておきたい副作用について

病気の治療のための飲み薬に副作用があるように、育毛剤リジュンにより副作用が起こる場合もあります。
異変を感じた場合はすぐに使用を中止し、医師に診てもらうことをおすすめします。しかし副作用の可能性が育毛剤リジュンもあるため、過剰に心配する必要はないでしょう。
育毛剤リジュンには刺激性の強い成分が使われているものもあり、頭皮が敏感な人は要注意です。
刺激性の強い成分に頭皮が反応し、かゆみやかぶれの原因となる可能性もあります。頭皮環境が悪化してしまうと、薄毛や抜け毛がひどくなってしまうかもしれません。
しかし最近では低刺激性の成分が使われている育毛剤もあり、中には天然由来の成分が使われている育毛剤リジュンもあります。
天然由来の成分は人工的に作られたものとは異なり、頭皮に与える刺激が少ないと言われているのです。かゆみやかぶれなどの副作用が気になる人でも、頭皮に優しい成分であれば安心して使えるでしょう。
日本臨床医学発毛協会から高く評価されている育毛剤もあるため、体質的に問題がなければ試してみると良いでしょう。副作用の報告例が複数あるプロペシアやミノキシジルなどの成分が使われておらず、代わりに天然由来の成分が使われています。

また一般的な育毛剤の副作用には、精神神経系の症状が現れる可能性もあります。頭痛やめまい、気が遠くなるなどの症状がある場合は使用を注意した方が良いでしょう。さらに循環器系の副作用には、胸が痛くなるというものもあります。
ただし頭痛や胸の痛みについては、実際の報告例はないと言われています。過剰に心配するのではなく、あくまでも可能性として注意する程度で良いでしょう。
また育毛剤リジュンはあくまでも医薬部外品であるため、医薬品である発毛剤と比較すれば副作用の危険性は低いと言えるでしょう。
副作用を気にするあまり育毛剤リジュンを使えなくなってしまうことは、もったいないかもしれません。上記でも紹介した通り安全性の高い育毛剤リジュンも存在するため、試しに使ってみてはいかがでしょうか。
仮に副作用が出たとしてもすぐに使用を注意すれば、重症化することを避けられるでしょう。自分だけで育毛剤リジュンを使う選ぶことが不安であれば、専門医や薬剤師に相談して一緒に選んでもらうのもアリです。
頭皮に優しい天然由来の成分が使われている育毛剤リジュンであれば、安全性が高いと言えるでしょう。副作用を必要以上に恐れるのではなく良い育毛剤リジュンを探すことが重要だと考え、根気強く試してみてはいかがでしょうか。

投稿者:ピカキチ

08 育毛剤リジュンを使いながら自分で行うお勧めのヘアケアについて

体質に合った育毛剤リジュンを継続して使い続ければ、フサフサな状態になるかもしれません。しかしただ育毛剤リジュンを使うだけではなく、適切なヘアケアを続けることも重要です。今よりも頭皮の状態を良くしたい人は、ヘアケアを始めてみてはいかがでしょうか。
抜け毛や薄毛となる原因は様々ですが、その中の一つに頭皮の血行障がいがあるでしょう。頭皮の下にある毛細血管の血行が悪くなると、毛根に栄養素が運ばれにくくなる場合もあるのです。そのため血行を良くするために、頭皮のマッサージを行うことをお勧めします。
ヘアケアのためのマッサージの方法ですが、まず指で円を描くようにして頭皮を揉みます。爪が伸びていると頭皮を傷付けてしまうかもしれないため、短く切って整えておくことがポイントです。
また強すぎる力でマッサージすると、頭皮が荒れてしまうかもしれません。マッサージは丁度良い強さで行い、時間は5分程度が良いでしょう。

シャワーの方法を見直すことも、ヘアケアにおいては重要です。そもそもシャワー時のシャンプーは髪の毛のために行うのではなく、頭皮のために行うものなのです。
頭皮の状態が良ければ髪の毛の質も自ずと良くなるため、髪の毛をゴシゴシと洗ってしまうとダメージを与えることになるでしょう。
刺激性の強いシャンプーではなく、頭皮に優しい天然由来の成分が含まれているもので丁寧にシャワーをすることを心がけてみてください。
髪の毛の状態が気になるのであれば、ブラッシングをお勧めします。丁寧にブラッシングをする習慣を身に付ければ、頭皮にも良い効果が期待できるのです。
頭皮が硬いと血行が悪くなる場合もあるため、ブラッシングにより血行の促進を目指せるでしょう。また頭皮に付着した小さな汚れをあらかじめ落としておくことで、育毛剤リジュンに含まれている成分が浸透しやすくなるでしょう。
食べ物にこだわることも、立派なヘアケアの一つです。髪の毛のほとんどはタンパク質でできているため、タンパク質が不足しないように食生活には注意すると良いでしょう。
タンパク質にはアミノ酸が深く関係しているため、サプリメントでアミノ酸を摂取することもお勧めです。健康のことを考えれば、これらの成分をバランス良く摂取すると良いです。
育毛剤リジュンと合わせて上記したヘアケアを続ければ、頭皮の健康状態も改善されるのではないでしょうか。ヘアケアに必要以上にお金をかけるのではなく、まずは簡単なマッサージから始めることをお勧めします。

投稿者:ピカキチ

09 薄毛によい髪の毛の洗い方と育毛剤リジュンを使う良いタイミング

薄毛に悩んでいる人は、洗い方を改善することで髪の毛の元気を取り戻せるかもしれません。また育毛剤リジュンを使う場合はタイミングが重要で、ただ使うだけでは効果が発揮されない可能性もあるでしょう。
薄毛対策となる洗い方と育毛剤リジュンのタイミングをまとめますので、是非とも参考にしてみてください。
まず薄毛の人におすすめな洗い方ですが、実は頭皮を洗うのにシャンプーを使う必要はないのです。シャンプーを使うことが悪いわけではありません。しかし薄毛の人はフサフサな人と比較して、頭皮環境が悪い可能性があるでしょう。
頭皮に合わない刺激性の強いシャンプーを使うと、皮脂を必要以上に洗い落としてしまう場合もあるのです。皮脂は決して悪いものではなく、頭皮を保湿してバリアの役目を果たすと言われています。
そのため頭皮環境が悪い薄毛の人は無理してシャンプーを使うのではなく、お湯だけで洗うことをおすすめします。お湯だけで洗えば健康に良い皮脂や常在菌を適度に残すことができ、シャンプー代の節約にもなるでしょう。

次に育毛剤リジュンを使うべきタイミングですが、夜が良いでしょう。髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、22時から2時の間に最も分泌されると言われているためです。
また一日のスケジュールは人によって異なりますが、朝や昼よりも夜の方が時間に余裕があるのではないでしょうか。朝から仕事や学校がある人は起床後育毛剤リジュンを使う余裕がなく、仕事や学校が終わった夜にヘアケアを行う余裕ができるかもしれません。
頭皮のためには育毛剤リジュンを含めたヘアケアは丁寧に行った方が良いため、夜という時間帯にはメリットがあると覚えておきましょう。
育毛剤リジュンによっては、一日に2回使う必要があるものもあります。その場合は朝はなるべく早く起きて、出かける前に育毛剤リジュンを使ってください。ドライヤーや整髪剤を使う前に育毛剤リジュンを使った方が、髪型を整えやすいでしょう。
育毛剤リジュンに含まれている成分を浸透させやすくするためには、頭皮の汚れを落とすことも重要です。朝にお湯でシャンプーをする余裕がないのであれば、ブラッシングをして頭皮に付着した小さな汚れを落としておくことをおすすめします。
頭皮が乾燥しやすく刺激に弱い人は、是非ともお湯だけのシャンプーを始めてみてください。お湯だけのシャンプーを推奨する医者や美容師もいるため、試してみる価値はあるでしょう。さらに適切なタイミングで育毛剤リジュンを使えば、薄毛トラブルが解消するかもしれません。

投稿者:ピカキチ

10 育毛剤には化粧品と医薬部外品があるって本当?2つの違いは何?

育毛剤には様々な種類がありますが、そもそも髪の毛に関する商品には分類が存在します。その分類の中には化粧品と医薬部外品があり、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。
2つの違いや育毛剤リジュンとの関係について説明しますので、気になるのであれば参考にすると良いでしょう。
まず育毛剤には化粧品と医薬部外品があるのかについてですが、これは違います。育毛剤リジュンだけではなく、育毛に関する商品を含めた薬品には3つの種類が存在するのです。3つの種類は上記した化粧品と医薬部外品、そして医薬品のことを言います。
育毛剤リジュンは医薬部外品に該当し、直接的に髪の毛を生やす効果は認められていません。
あくまでも髪の毛が生えやすくなる環境を整えるためのものであり、薄毛の治療よりも予防に向いているでしょう。そのため育毛剤リジュンを使うときは、髪の毛が生えてくると過剰に期待しない方が良いです。
そして化粧品と医薬部外品の違いですが、成分にあります。化粧品は治療を目的としたものではなく、美容のためにあるものと言えるでしょう。

医薬部外品に認められている皮膚の殺菌などの効果は認められておらず、パッケージ上に表現することはできません。
一方医薬部外品である育毛剤リジュンの場合、濃度の制約がある成分を化粧品よりも高濃度で配合することができます。しかし臨床により効果が確認できたとしても、法律の定める基準をクリアできなければ医薬部外品にすることができないのです。
そのためメーカーが規制を考慮した結果、敢えて育毛剤としてではなく化粧品である養毛剤として商品を販売することもあります。
化粧品と医薬部外品には成分に関する違いがありますが、上記した事情から化粧品が劣っているとは断言できないのです。そのため化粧品と医薬部外品は単なる分類であり、期待できる効果については優劣がない可能性もあります。
ただし目的を考えてどちらかを選ぶのであれば、育毛剤リジュンの方が良いかもしれません。育毛剤リジュンには使う人の頭皮のことが考えられたものもあり、刺激性の低い成分が含まれている場合もあるのです。
天然由来の成分であれば副作用の心配もなく、頭皮が乾燥しやすい人でも安心して使えるのではないでしょうか。
化粧品の育毛剤リジュンがあるというのは正確には間違いですが、メーカーの事情から養毛剤として販売されることもあるため要注意です。医薬部外品である育毛剤リジュンが欲しい場合、化粧品と間違えないように成分表示をよくチェックすることをおすすめします。

投稿者:ピカキチ

11 育毛剤リジュン選びで失敗しないための重要な4つのポイントについて

日本国内のメーカーから複数の育毛剤が販売されており、すべてが自分に合うとは限りません。正しい知識もなく勢いだけで購入してしまうと、失敗してしまう可能性もあります。
失敗しないために重要な4つのポイントを紹介しますので、育毛剤リジュン選びを成功させたい人は是非ともチェックしてみてください。
1つ目のポイントは、成分表示をチェックすることです。店頭で購入する場合、育毛剤を手に取って成分表示をチェックすることができます。メーカーが運営するサイトで購入する場合でも、説明欄に成分表示があるでしょう。
もし刺激性の強い成分の含有量が多い場合、その育毛剤は避けた方が良いです。頭皮が強いダメージを受けて炎症してしまうと、育毛剤リジュンの効果が発揮されない可能性もあるためです。
2つ目のポイントは、保湿効果が期待できるかどうかです。頭皮が乾燥しやすくなると、炎症を起こりやすくなるでしょう。
しかし十分に保湿されている場合、頭皮の保湿に必要な皮脂や常在菌のバランスも良くなると言われているのです。サンザシエキスやヒオウギ抽出液、センブリエキスなどの成分が含まれているものがおすすめです。

3つ目のポイントは、現実的に続けられる価格であるかを考えることです。育毛剤に関する知識があまりない人は、高いものが良いと考えてしまうかもしれません。
しかし人それぞれ体質が異なるため、高いものを使っても100パーセント良い結果が現れるとは断言できないのです。
育毛剤リジュンはすぐに効果を実感できなくても、しばらくの間は使い続けることが重要です。そのため高いものを選んでしまうと、長続きしないかもしれません。
4つ目のポイントは、とにかく一度試してみることです。口コミ上のコメントを参考にするのも良いですが、実際に試すことが理解するのには良いでしょう。良いと思える育毛剤があれば試し、効果が実感できなければ別のものを選んでみてください。
人気の高い育毛剤リジュンが自分の体質に合っているとは限らないため、マイナーなものの情報もチェックすることをおすすめします。複数の育毛剤を試してみて最終的に最も効果が実感できるものを絞り、最終的に一つだけを選ぶと良いでしょう。
以上が育毛剤リジュン選びで失敗しないための重要な4つのポイントですが、参考になったでしょうか。人気や知名度だけに惑わされるのではなく、納得できるものを選ぶことが重要です。フサフサした髪の毛を手に入れたいのであれば、妥協する必要はないでしょう。

投稿者:ピカキチ

04 育毛剤リジュンの効果の高いと言われる成分には何がある?

育毛剤リジュンに含まれている成分には様々なものがあり、中でも効果の高いと言われるものがおすすめです。
もし育毛剤リジュンを購入する場合は成分の多さではなく、期待できる効果を重視して選ぶと良いでしょう。おすすめのものを以下にまとめて紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。
人間の髪の毛は毛根にある毛母細胞から作られ、頭皮の下にある毛細血管から栄養素を受け取ります。
毛母細胞は加齢により機能が低下し、また毛細血管は生活習慣の影響を受けて状態が悪くなる場合もあります。そのため毛母細胞を活性化させ、さらに毛細血管の血行を促進させる成分が重要と言えるでしょう。
ステモキシジンやパントテニルエチルエーテルなどの成分は、毛母細胞の働きをサポートすると言われています。特にステモキシジンはある化粧品メーカーが独自に開発したもので、幹細胞研究を行うフランスの博士が関わっているほどです。
同時に成長因子を補うための成分を使うこともおすすめで、より大きな効果を期待できるでしょう。ツバメの巣エキスやアセチルデカペプチドなどの成分は、実際に薄毛治療の現場で用いられることもあります。

毛細血管の状態が心配な人には、イチョウ葉エキスやアルギニンなどがおすすめです。これらの成分には血行を促進させる効果が期待できるため、上記した成分と合わせて使ってみてはいかがでしょうか。
特にイチョウ葉エキスは、海外では血管疾患の治療のために用いられることもあります。またアルギニンはアミノ酸の一種である、シトルリンという別の成分と同時に使うとさらに大きな効果が期待できるかもしれません。
抜け毛が心配という人には、デュタステリドやエチニルエストラジオールなどの成分が向いています。これらの成分には男性ホルモンを抑制する効果が期待できるためです。
男性ホルモンの中でも悪玉男性ホルモンと呼ばれるものが増えてしまうと、抜け毛がひどくなり薄毛となってしまうかもしれません。
しかしデュタステリドなどの医薬成分を上手く使えば、悪玉男性ホルモンの分泌を抑制できる可能性もあります。またノコギリヤシという成分に関して、悪玉男性ホルモンの分泌の抑制効果が期待できるという調査結果が存在します。
これから初めて育毛剤リジュンを購入するつもりであれば、上記で紹介した成分を意識してみると良いでしょう。1つの成分だけに頼るのではなく、複数のものをバランス良く使い相乗効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ピカキチ

12 その方法間違ってない?育毛剤リジュンの効果が半減しない正しい使い方

育毛剤リジュンは正しく使えば良い効果が期待できますが、間違った方法で使うと効果が半減してしまうでしょう。
ただ使えば良いわけではなく、意識すべきポイントが複数存在するのです。正しい方法で育毛剤リジュンを使いたいという人は、以下の情報を参考にして日常的に続けると良いでしょう。
まず育毛剤リジュンを頭皮が濡れた状態で使うことはおすすめできません。育毛剤リジュンには様々な成分が含まれていますが、頭皮の水分により薄くなってしまうためです。そのため育毛剤リジュンの効果を半減させないためには、頭皮を乾かした状態で使うことが正しいのです。
頭皮に細かな汚れがあると、成分の浸透を邪魔してしまう可能性もあります。上記した通り頭皮が濡れた状態で育毛剤リジュンを使うことは間違いですが、あらかじめシャワーを浴びて綺麗にしておくと良いでしょう。
シャワーで頭皮を洗った後は、タオルを使い優しく水分を取り除くことをおすすめします。
効果が半減しない正しい使い方には、時間帯も関係します。育毛剤リジュンを使うタイミングを特に意識していなかったという人は、夜に使うことをおすすめします。
 

22時から2時になると、成長に関するホルモンの分泌が活発になると言われているためです。髪の毛の成長に関する細胞を刺激するためには、なるべく夜に使うと良いでしょう。
育毛剤リジュンの付け方ですが、髪の毛に直接塗っても十分な効果は期待できません。髪の毛に対してではなく、頭皮に対して使うことが正しいです。
薄毛が気になる箇所があればそこに分け目を作り、育毛剤リジュンを付けると良いでしょう。手を使い分け目を作ることで頭皮が露出されると、成分が奥まで浸透しやすくなります。
分け目に沿って前頭部から後頭部へ育毛剤リジュンを付け、自然乾燥させます。ドライヤーで乾かすと成分が蒸発してしまう可能性もあるため、自然乾燥にこだわりましょう。自然乾燥にかかる時間ですが、1分から2分程度あれば十分でしょう。
また育毛剤リジュンは一度に大量に使えば効果が大きくなるわけではないため、用量を守ることが重要です。効果を大きくするために大量に使う人もいるかもしれませんが、それは間違った使い方です。用法用量は商品の説明書に書かれているため、きちんと守るようにしてください。
育毛剤リジュンの効果は正しい使い方を守ることで期待できるものであり、自己流で続けていても髪の毛の状態は良くならないでしょう。今まで育毛剤リジュンを使ってみて効果が実感できなかった人は、使い方を見直してもう一度チャレンジすることをおすすめします。

テキストのコピーはできません。