タグアーカイブ リジュン

投稿者:ピカキチ

リジュン(RiJUN)配合のリデンシルはヘアサイクル領域にアプローチする成分!

リジュン(RiJUN)公式ショップに書かれていることについて考えてみましょう、という企画です。今回はリジュン(RiJUN)配合のリデンシルはヘアサイクル領域にアプローチする成分! ”の考察です。*登場人物 P: 育毛お助け人ピカキチ、A: 薄毛・脱毛に気になりだしたお悩みを持つAさん

リジュン配合リデンシル

育毛剤リジュン公式ショップ:リデンシル
  1. リデンシルはスイスのインデュケム社が開発した。
  2. セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分
  3. 次世代のヘアケア成分として今話題の成分
  4. サイクル復活のカギを握る領域にアプローチし力を発揮させる。
  5. 世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞した。
  6. 世界的に注目を集める次世代ヘアケア成分
ピカキチ見解:

  1. 育毛剤の成分は日進月歩、効果が出る安心安全の育毛剤を使おう。
  2. リジュンはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどの自然由来成分配合で好感持てる。
  3. 発毛促進、育毛、養毛はヘアサイクルを復活させるのが肝要。
  4. リジュンがリデンシル配合でサイクル復活領域へアプローチするなら「買い」だ。
  5. 世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞したのも当然と言える。
  6. 化粧品原料展示会でも金賞を受賞したのは「プロジェリン」老化防止の美容成分

 

育毛剤リジュン公式・公式ショップ :リデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分

A 「ピカキチさん、リデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシンなどで構成されるヘアケア成分なんだね。」

P 「育毛剤は日進月歩で効果の出る成分が開発されているよ。」

A 「やはり、自然素材がいいね!」

P 「リジュンのような合成香料なし、合成着色料なし、鉱物油なし、パラベンなし、紫外線吸収材なし、シリコンなし、ホルモンなし、ラノリンなしの育毛剤を選ぶのが、肌が弱かったり、産後の女性には大切だよね。」

 

育毛剤リジュン公式・公式ショップ :発毛促進、育毛、養毛にはヘアサイクルを復活させるのが非常に大切

A 「ピカキチさん、発毛促進、育毛、養毛にはヘアサイクルを復活させないとダメなんだね。」

P 「髪の毛は、ストレートに一発育毛じゃなく、悪化したヘアサイクルを復活させることさ。」

A 「脱毛薄毛ハゲを治すには、ヘアサイクルを元通りにすることが必要だもんね。」

P 「リジュンが、リデンシル配合でヘアサイクル復活領域にアプローチするなら買いだね。」

A 「リデンシルが世界規模の化粧品原料展示会で銀賞を受賞したそうだねど、金賞を受賞したのは何なの?」

P 「プロジェリンという老化防止の美容成分さ。」

A 「プロジェリンは老化防止の美容成分ね。メモッとこう。」

 

投稿者:ピカキチ

リジュン(RiJUN)配合のフルボ酸は栄養を届ける浸透力効果が期待できる!

リジュン(RiJUN)には育毛実感できる秘密があります。

それは、リジュン(RiJUN)には育毛に重要な要素である浸透力をうながす成分が配合されているからです。

いくら育毛剤に有効成分が配合されていても、頭皮奥深く浸透しなければ意味がないです。

頭皮奥深く浸透させる力を秘めているのがフルボ酸です。

フルボ酸は九州産業大学の佐野先生が腐植土の研究プロセスで偶然見つけました。

リジュンのフルボ酸

 

フルボ酸(フルボさん、フルビック酸、fulvic acid)とは、植物などが微生物により分解される最終生成物である腐植物質のうち、酸によって沈殿しない無定形高分子有機酸。土壌や天然水中に広く分布している。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フルボ酸とは、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。https://furubo.net/fulvic/

フルボ酸には植物にミネラルを補給する役目・・・

ここに注目してください。

フルボ酸には植物に・・・

植物 —-> 生物 —-> 毛根

頭皮奥深く 毛根に

と置きかえてください。

ミネラルは毛根の栄養です。

そうすれば、

フルボ酸には頭皮奥深く毛根に栄養を補給する役目・・・

ということがわかります。

フルボ酸は植物の腐食土の中にわずかに含まれています。

腐植土自体10年から100年かかります。

リジュン(RiJUN)にはスカルプケアとして注目されているフルボ酸が配合されています。

 

 

テキストのコピーはできません。